2013年03月20日

久しぶりの自宅休日

130320sora.JPG

今年に入って初めて自宅で過ごす休日。


SLC57と出会ってから、新潟市に行く頻度が多くなった俺。
それをキッカケに、それまで知らなかった新潟市の魅力に気が付き、それからは毎週末と言っても過言ではない位に新潟方面へ足を伸ばしている。

特に福島潟と言う場所の魅力は格別で、我らが長岡市の山古志に負けず劣らずの名所。

撮影目的でなくても単にその場にいるだけで汚れた心が浄化されて行くような不思議な感覚。
冬の景色から春の景色へと変わりつつある今時期の風景は特にまた魅力的なのであります。

この数日、ほとんどが先週末に撮影した福島潟での写真。
そして今日の写真も。


この場所に通う為に俺は働いている。
そう言っても過言ではない最近の俺です。

季節が違えばまた違った顔を見せてくれるであろう福島潟。
今年はこの福島潟中心に休みを過ごしたい。


ハッピーマンデー制度のおかげで多くの単発休日が月曜日へと移動するのですが、今日はたまたま連休に絡めない単発休み。

新潟に行くか悩みましたが、天気も下り坂だし、たまには自宅で過ごそうと決意するのであります。

最近の週末は家に居なかった事もあり、部屋掃除だとか楽器練習だとか色々やりたい事はあるのですよ。
そろそろ春服の準備だったり、車の保険手続きだったり、年度や季節の移り変わりは結構忙しいものです。


と思っていたのに、本日朝から体調が最悪。

結局、自宅で寝て過ごすだけの悲しい休日。


疲れているつもりはなかったのだけど、気が付かないうちに体は悲鳴を上げていたのであろうか?
今週末も新潟にいくつもりだから、ある意味丁度良い体を休める時間になったと思う事にしたのであります。


ただボーっと寝ているだけの休日。

考えてみれば少し前までは元気であろうとなかろうと、そうやって過ごす休日が当たり前だった。
ただ欲求に流されて無意味に過ごす時間。

目的を持って生きはじめようと決意した今の俺からすれば、その時間がどれだけ勿体無かったかが痛いほど分かる。

もしも可能であるならば、中学時代の自分に「いかに勿体無い休み方をしているか」を教えに行きたい。
あれだけ長期にあった休みを特に目的なく過ごしていたあの頃の自分。

SLC57を追っかけている若者の姿をみると、彼らがいかに充実した生活をしているかが痛い程に伝わって来て、彼らと同じ時期にこれだけ夢中になれる事を見つけられなかった自分が腹立たしいのであります。

別にアイドルでも良い、パソコンでも良い、鉄道でも良い。
他の人よりも「この分野なら任せておけ!」と自信を持って言える何かがある人はやっぱり強い。

他人がどう思おうと、熱中出来るモノを見つけられるか見つけられないかで人生の充実度は大きく違う。


俺もそれ位に熱中出来る事を中学生の頃から見つけたかった。

ただ、それを一生見つけられない人も多く居るのであろうから、遅かったとは言え見つけられた自分は幸せなのかも知れない。

そしてその幸せを共有出来る人の存在が居てくれれば、更に幸せと感じるのであります。
友達でも良い、恋人でも良い、やっぱり独りは寂しいのであります。

誰とも会わずに過ごす久しぶりの休日。
体調が悪い事もありますが、いつも以上に寂しさを感じるのであります。

ブログランキング参加中です。
アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ





凹む事もいくつかあり、更に体調は悪化していく...

大半は俺が悪いんだけど...

人生ってのはうまくいかないもんだ。
posted by nagaoka at 23:55 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ