2013年03月19日

後悔

130319yuki.jpg

一度甘い蜜の味を覚えてしまうと、なかなか忘れる事が出来ないのであろうか?

それが反社会的で許されない事だとしても、あまりの美味しさに善悪の区別もつかなくなる。


同じ事を繰り返し、結局居場所を失い、待っていたのは自ら世を去る事...


自業自得と言う気持ちも無い訳ではないが、観点を変えて考えると、彼は病気だったのではないか?
麻薬中毒者と同じで、止めたくても止められない。

それを只、「許されない事をした」と言う一言で追放した我々にも罪があるのではないか?

社会的にはそのまま席を置かせる訳にいかないのも分かるのだが、長年一緒にやってきた人間をそのまま見捨てるような形になったのを考えると後悔の念が生まれてくるのである。

晩年は苦しめられたが、良い部分も沢山知っている。
だからこそあの時に少しでも暖かい言葉を掛けて上げられなかった自分が憎いのである。


自分だって知らぬ内に反社会的行動を行い、多くの人の期待を裏切っているかも知れない。

特にこのブログで多くの人を傷つけている事は間違いない。
悪行の大きさに差はあるかも知れないが、悪い事には間違いない。

そんな俺に温かく接してくれる人々も少なからず居た訳で、あの時俺も同じ様な行動が取れていれば、彼の人生も少しは変わったのかも知れない。

結果的には変わらなかったかもしれないけど、一人でも彼を思う人が居たのであれば、最悪な事態にまで至る事はなかったのかもしれない。
きっと刑罰を受けて戻ってきても、その一人の人は温かく迎えてくれると信じられるのであれば、辛い刑罰も乗り越えて、成長した姿で戻ってこれたかも知れないのに...

今更言っても仕方ない事なのであるが...

どんなに自分と肌があわない人間でも、関わった人間が不幸になる姿はやはり辛い。
今後の人間関係に対して改めて考えさせてくれる機会を作ってくれた彼に感謝である。



最近疲れているのか、平日の夜はまともに写真撮りとか買い物とか行ってないなぁ。

まぁ、買い物に関しては金節約ってのが大きいが。

最近は新潟に撮影とかイベントに行く事が多いので、特にガソリン代や高速代が半端ない。
新潟市内までの移動も結構距離走るが、それ以上に新潟市内の移動だけで予想を超えた距離を走ってしまう。

先週末で言うと、新津、福島潟、万代辺りを中心にうろうろしていると、それだけで200キロ位走っていたりする。
一瞬、車のメーター壊れていると思ってしまう位に新潟市内だけで走ってしまう。

長岡もそうだが、合併後の市町村ってのは想像以上に広くなっている。
同じ市内の移動だからそんなに走っているイメージはないのであるが、考えてみれば合併前は全て違う市町村なんだからなぁ、そりゃ距離も出るよ。

長岡のガソリン値段、最安レギュラー149円位でしょうか?
昨日は51リッター入ったから大雑把な計算でも7500円。
これが全国平均値段なら8000円近くいっちゃうよ。

そこに高速代が加わるんだから改めて計算すると凄い値段だ。
高速休日半額だとしても、自分でも驚いてしまう値段。

まぁ、こうやって行きたい場所に行ける時間があると言う事の方が幸せか。
金があっても時間がないと言う人も多くいるし、両方ないと言う人もいるし、そう思えば多少の出費も救われる。

決して無駄な金を使っている訳でないのは自分でも意識している。
例え生活を切り詰めながらの行為だとしても、有意義な金の使い方をしていると思うと、それ程後悔はないのであります。

これまでみたいに無駄にCDやお菓子を買いまくったりしている方が余程後悔だ。


平日の撮影も、もう少し暖かくなってくれば陽も長くなるし、多く出掛ける事になるのではないかな?
今はその時の為にも体を休める時間にしようと思う。

明日の休日は久しぶりに山古志にでも行って残雪風景でも撮ってこようかなぁ?
今年は冬の山古志風景殆ど撮ってないからなぁ...

ブログランキング参加中です。
アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ




最近は立ち読みも面倒で本屋に寄る事も少なくなったな。
posted by nagaoka at 23:55 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
最近の美しい風景写真いいですね。
どれも樹が印象的であり、破滅的でもあって・・心うたれます。
Posted by norapiro at 2013年03月20日 09:55
ありがとうございます!

ネタがない時は写真で誤魔化します。
Posted by 管理人 at 2013年04月19日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ