2013年03月17日

経済観念

130317fukushimagata.jpg

何年振りだろう?まともにビルボード・プレイスに来たのは...

先日、少しだけファッションと言うジャンルに興味を持ち始めた俺。
ちょっと冒険して、高級ブランド店なんて出向いてみたりする。(買わないけど)

ヴァージン・メガストアがあった時に来た以来なのは間違いないのであるが、それ以外の目的で来た事がなかったので、実は1階より上に上がるのは初めて。

ファッションに興味を持つと言っても基本安物を駆使してと言う方向性のせいか、やはり場違い的な香りは否めない。
周囲のお客様は皆、別世界の人間の様なオシャレさんばかり。
子供ですら、どこぞの御曹司みたいな格好。

着飾ったマネキンとか見て「格好良いなぁ」と思いながらも、センスも金銭的にも俺にはとても真似出来ない。
ストールに1万円とか俺にはとても簡単には払えない。

段々と居心地が悪くなり、早々に退散するのであります。


この場所にいると、まるで今の日本は好景気真っ只中って気がするのであります。

確かに経済は上向きかも知れないが、働いて給与貰っている立場からすると、全然好景気なんて実感出来ない。
従業員に無理強いをさせ、形だけは増収増益って形になっているかも知れないが、給与なんて全く上がらない。
色々な手当て支払い方法の見直しだったりで、実質給与下がっているんだけど...

不景気なのはうちの会社だけで、他社は凄く景気良いのであろうか?
そんな風に思えてしまう。


数万円する洋服に簡単にお金を出してく20代くらいの男女達。
この人達の経済状況も凄く気になってしまう。

貯金をして、飲食代にも特に気を遣わなくても、それだけ洋服にお金を出せる位の給与もらっているのか?
それとも裕福そうに見えるけど、実際は数ヶ月に1回の滅多にない贅沢の時なのか?
貯金などせず、入ってくる金をそのまま洋服に使っているのか?

何かね、服を見に行ったはずなのに、周囲の方々の経済状況を考えてしまっている俺。
何やっているんだか...


まぁ、俺も一時期は入って来る金をCD/ライヴ代に相当注ぎ込んでいた事もあったから、それを洋服に置き換えれば何となく分かるんだけどさ。
自分が好きな物には躊躇なく金を払い他の事には削りまくる。
そしていつも金が無いと騒いでいる。

昨日見た洋服好きな人にだって、きっとそんな感じの人はいると思うんだけど、金払い良い人を見るとついつい皆裕福そうに見えてしまうんだよね...



ビルボード・プレイス行く前は相変わらずの福島潟。

雪も完全に溶け、春の訪れを感じるのでありますが、やっぱり朝はまだまだ寒い。
朝の装いはやはり手袋・防寒着は欠かせない。

冬の間は殆ど見なかった風景撮影の方々ですが、やはり暖かくなってきたせいか今日は軽く数えても10人以上は見掛けた。
他の場所を探せばきっと20人以上はいたであろう。

雲一つ無い晴れ渡った空。
遮るもの無く直接差し込む陽の光が眩しいのでありました。


その光りを浴びて一気に上がる外気温。
車の中は暖房などつけなくても十分に暖かい。

早起きした事もあり、そんな心地良い雰囲気の中で午前11時近くまで車の中で寝て過ごした管理人で御座いました。

ブログランキング参加中です。
アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ




同じ2度寝でも、朝活動したあとの2度寝だと後悔は少ない。
posted by nagaoka at 23:55 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ