2017年03月30日

広重ビビッド

170330hiroshige.jpg

家族のお薦めで、新潟市美術館で開催中の浮世絵展「広重ビビッド」を見に行ってみる。

以前、猫の浮世絵展は見に行った事はあったが、当時は浮世絵と言うよりは猫の絵を見に行ったって感覚。

実質、はじめて浮世絵と言う世界に触れると言っても過言では無いかもしれませし、そうでは無いかも知れません。

よくわからねー

訪問したのは開館してから約1時間経とうとしていた頃。


駐車場満車!!



正直ね、浮世絵に興味ある人なんて少ないと思ってました。
余裕で美術館前の駐車場に停められると思ったのに。

まぁ、隣の臨時駐車場はまだまだ余裕があったので良かったのですが、この臨時駐車場も私が帰る頃には満車。

うーん、予想外。


会場内も大盛況!

どんどんと人が押し寄せ、ひとつひとつの作品をじっくりと見たくても見られない状況。

「早くどけよ」との無言の圧力が辛いが、後ろに避けたりして何とかやり過ごす。

今回の展覧会は日にちによって前半後半と分かれる。
はじめは一気に見せれば良いのにと思ったりもしたのですが、実際は分けて正解!
意外と展示量があったこと、そして一つ一つじっくりと見ようとすると、1日では足りない。

写真等では伝わらない細かい部分。
色々な角度からみるとまた違う味わい。
浮世絵に描かれた風景と、その風景の現在の姿との比較させる見せ方もとても興味深い。

そんな感じで一つ一つの作品を見ていると、時間なんてあっという間に過ぎていく。
疲れで時間の経過を知ったって感じ。

本日、実際展示を見ていたのは約3時間。
お土産コーナー見たりするのも含めれば、もっと長い時間居たことになる。

こりゃ、後期も楽しみですね。

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ




東京の風景の変わりように衝撃。

その様変わりした現実の世界の写真を見るのが一番疲れたと言っても過言ではない。

昔はどこからでも富士山が見えたりと、とても風情ある風景だったんだな。
posted by nagaoka at 23:42 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
URLどうぞ!
Posted by at 2017年04月01日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ