2021年07月23日

GALNERYUS(ガルネリウス)新潟公演開催!

210723-1.jpg

正直、オリンピック開会式なんてどうでも良いのですよ。
本日はそんな事よりももっと重要なイベントがあるのですよ!

で、そのオリンピック。
開会式がもの凄くショボいって話題なのだけど、実際どうなの?

まともに観ていないから分からないけど、コロナ禍や不祥事が重なり、本来やりたかった事が出来なかったのではないか?と思う。

そうでも思い込まないと、やってられん...

最後の方だけ観たけど、こんな夜遅くに駆り出される長嶋さんが辛そうで心が痛かった。

あと、聖火リレーの点火方法が普通過ぎてねぇ...
やはりバルセロナオリンピックでの火矢を放って点火する方法に勝てるものは無いか。



で、オリンピック開会式よりも大事なイベント...

そう、

今日はGALNERYUSの新潟公演!

スタンディングライブとしては約2年近く振りですよ!

正直、本日のライブは公演発表された時は中止になると思っていた。
こんなに早く有観客でライブハウスのライブが開催可能になるとはねぇ。

やはり開催出来た大きな理由は、お客さんが感染対策をしっかり遂行してくれる事であろう。
ライブ開催にあたりの注意のアナウンスが流れるのだが、そこには「ライブ中の声出し禁止」は全く無かったのですよ。
これだけ人が集まれば、1人くらいは「アナウンス無いのだから声を出しても良いのかな?」と思う輩が必ずいるもんなのだけど、それでも世間の流れを鑑みて誰も声を出さない。
本当に真面目だよ、日本人。

勿論、感染対策もバッチリ。
前後左右のスペースを空け、定期的な換気。
ライブ中も常に空気が循環していて、暑がりな俺には最高の状況であります。
寒がりの人には少し辛いかもですが。
コロナ禍収まってもこの形でライブ開催して欲しいな。


肝心のライブ、久しぶりの爆音、最高でした!
身体全体で感じる音圧、こればかりは自宅や車内では味わえない。
これぞライブの醍醐味。

声出し禁止もあってか、各パートの音がしっかりと聴こえる。
演奏の上手さを楽しむ系のバンドにおいては、声出し禁止もメリットになるんだな。

そして声を出せない分、いつも以上に皆が盛り上がりを身体全体で表現している。
前後のスペースがある分、思いっきりヘドバン出来るのですよ。
新たなライブの楽しみ方が分かった貴重な体験でした。

本日の小野正利氏は絶好調!
歌声は勿論、換気の時間を利用した小野さんのMCも!

今回の新潟ネタは新潟駅前の富寿司。
なかなか良い値段らしいですねぇ。
MCを聞き、俺も寿司食いたくなって、帰りにスーパーで7割引の刺し身を買おうとしましたが、小野さん達と比べると余りにもショボくて...
悲しくなって買うのを止めましたわ。

あとは横森くん、中島くん、亀くんネタ。
確かに弊社もこんな面白い若者はいない。
最近の若者は優秀ではあるけど、強烈な印象を持った面白い人は少ない。
軽くBOØWYのONLY YOUのフレーズが聴けたのがちと嬉しかったり。世代なんでね、俺。


音楽的な内容として、今回は最近発売されたニューアルバム?から全曲演奏。
今回のアルバムの流れに合わせてか、全体的にいつも以上にヘヴィでドラマティックでテクニカルな楽曲が並んでいた印象。

1回目のアンコールラストにまさかのWINNING THE HONOR!
結構マニアックな部類の選曲だけど、俺この曲好きなのよね。
開場によってはTEAR OFF YOUR CHAINやったみたいだけど、こちらは近年のライブでも観たことあるし、マニアックな方の選曲で嬉しい限り。

あっという間の2時間20分のライブ。
最高のひとときでした。

他の会場にも行きたいーーーーー
近場で長野公演あるけど、気軽に行ける距離では無いからねぇ。
次の日仕事だし。

210723-2.jpg

そう言えば本日限定のノンアルコールカクテルがあったのですよ。
ガルネリウスの楽曲をイメージしたカクテル。
普通のドリンク受け取った直後に気が付くという失態...
やってしまったなぁ。

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ続きを読む
posted by nagaoka at 23:36 | Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ