2021年07月09日

ビビる大木vsキング・クリムゾンvs谷村新司


ビビる大木さんが語るイングヴェイ・マルムスティーン愛!

うーん、良いね!

俺も一時身を置いていた春日部出身のビビる大木さん。
その辺もあり、彼には親近感が強いのですよ。

もしかしたら同じ中古CD屋だったり、16合沿いの蔦屋だったり、ラオックスだったり、ロビンソンだったり、駅前の楽器屋とかで顔を合わせていたりしたのかなー

あー、久しぶりに春日部を彷徨きたい。


秋には伊藤政則10番勝負にも出演が決まっているビビる大木さん。
これからはメタル色をもっと強めて活動して行って欲しいもんだ。

そしていつか春日部ネタを語り合いたい!



えっと、キング・クリムゾンの来日公演チケット価格...

2万円ですか...

交通費含めると、とんでもない値段。

金銭面はさておき、重要なのは後は観たい気持ちもが面倒臭さを超えられるかどうか。
結局はそこなのだよ。

キング・クリムゾンの事を意識して聴き始めてから来日公演に参加するチャンスは何度かあったのに結局全てスルーしてる。
(奇跡の新潟公演は残念ながらまだキング・クリムゾンを知らなくて参加出来てないが)
結局、俺にとってキング・クリムゾンはライブよりも自宅でじっくりと聴くバンドなのだよね。

歴史的観点で見れば多分今回の来日公演は非常に重用。
多分、キング・クリムゾンとしての来日は最後となる可能性は非常に高い。

せめてイアン・マクドナルド氏が来てくれるならねぇ。


それにしてもこうやって来日公演の話が出来る日が来て嬉しい限り。
そう言えば今日は谷村新司さんの新潟公演も行われたりと、少しずつコロナ禍前の状況に戻りつつある事を実感するのでした。

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ続きを読む
posted by nagaoka at 23:01 | Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ