2019年07月19日

cana÷biss(カナビス) インストアイベント in イオン新潟南

190719.jpg

多分、一生聞き続けられるであろうアルバムに久しぶりに出会う。
そう思えるアルバムにどれだけ出会えるだろうか?
それがまた自分でも意外な作品。

新潟のアイドル、cana÷biss(カナビス) のニューアルバム「カルマ!カルマ!カルマ!」

基本、ハードロック・ヘヴィメタル・プログレ一辺倒と言っても過言ではない俺。
それがまたアイドルさんのアルバムが一生のお供となりそうだなんて。

いや、アイドル自体は好きだし、追っかけもしたし、拒否感は全くない。
たださ、個人的にアイドルは音楽よりもヴィジュアル優先なところがあって。
そんな俺がヴィジュアル関係なく、音楽だけで勝負出来るアイドルと認められるのは数少ない。

カナビス自体はプリエク時代からずっと聴き続けているが、まさかこんなに大化けするとは思いもしなかった。
メンバーは増えているのに、安定感は増している。

そして楽曲の良さが際立つ。
曲が良いだけでしょ?と思われるかも知れないが、良い曲を提供して貰えるのはやはりグループの実力のひとつなのかも知れない。運営の努力や信頼度も含めて。

ジャンルなんて関係ない。
良いものは良い。
素晴らしい音楽に出会う為に生きていると言っても過言ではないのである。

これが売れないなら、アイドルファンは音楽なんてまともに聴いてないと断言出来てしまうよ。
個人的にそう思う。



そんなカナビスのアルバムの発売記念インストアイベントがイオン新潟南で開催。

最近は東京でのライブが増えてはいるが、ここ新潟でも定期的にライブは行われている。
ただ、俺は殆ど足を運べていない。
最後に見たのは今の編成になる前、昨年の10月以来だろうか?

何故あえてここでの参加なのか?
ひとつはライブ時間が30分であること。
ふたつめはフルメンバーでのライブであること。

そしてライブハウス等では多々見られる行きすぎた声援・応援が禁止されている事!!
これがでかい!!!

純粋に音楽を楽しみたい中、ファン達の音楽を無視したやりすぎの声援は邪魔以外の何物でもない。
それがなく、30分と言うアイドルグループとしては比較的長い時間のライブは貴重なのであります。

俺が到着した頃には結構な人がいた。ちょっとびっくり。
年齢層は比較的高め?
皆本当に仮病・退職やらしてきた人々なのだろうか。

到着間も無くライブ開始。
このラインナップでのライブは始めて。

決して広いとは言えないステージだけど、そこをまるで広いステージと思わせる余裕ある華麗なステージング。
よくぶつからないねぇ。それだけ場を踏んできたのだろう。

ステージングだけでなく、確実に歌も安定している。
過去のプリエク・カナビスのステージは安定性がなく、ひやひやしながら聴いていたもんだが、今日はそれを感じさせない。
多少音程が乱れるところもあったが、それは逆にライブ感を強く感じさせて、逆に良かったかも知れない。
あえて抑揚を出す為にわざとやっているとすれば大したもんだ。

選曲も悪くなく、結構攻める選曲。
ロックファンにも強くアピールしたことだろう。

全体的に好印象のライブでした。


ライブの後は本日アルバム購入した方向けの特典タオルお渡し会。

俺は既にアルバム持っているから購入せず。
よってお渡し会にも参加せず。

けど、このタオルを入手する為、そして直接メンバーとお話・握手をする為に、既に入手していても追加でアルバム購入する人も沢山いるのだろうな。
皆金あるねぇ。羨ましい限り。

ただね、俺としてはアーティストは尊敬する存在。
あえて遠い存在でいてほしい。
あまり近すぎる存在であるのは、親近感が沸きすぎてしまい、アーティストと言うより友達のライブに行くみたいになってしまってねぇ。

だからこそ俺は遠い場所で彼女達を見守る。
ちとストーカーチックだな。
基本、ネギッコでもY.O.Yでもそうであった俺。
メンバーと直接喋ったり握手したりはあえて控えている。

ただ、SLC57だけは我慢出来ずに並んで、そして握手して、会話しましたが。

お渡し会の様子を遠くで眺めつつ、SLC57を思い出しながら和むのでありました。
SLC57の面白トーク、また聞きたいなぁ。

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ続きを読む
posted by nagaoka at 23:16 | Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ