2019年04月25日

気になる彼女がレジに立つ


いつものドラッグストア。
珍しく気になる女性がレジに立つ。

勇気を出して彼女に話しかけるチャンス!

以前、挨拶をしようと話し掛けたら超微妙な反応...
正直それがトラウマになっているのでありますが、そんなトラウマに負けないよ!
今日こそ再び話し掛けるのだ!

俺だって女性とお話出来るんだ!

そう自分に言い聞かせながらレジで自分の番を待つ。

籠に入った沢山の半額品。
こんな状況見られたら、「この人お金無いのかしら?」とか思われそう。
けど、これがありのままの自分なのだ!
素っ裸の俺をみてーーーー!

前の人のレジが終わりそう、もうすぐ俺の番!
丁度後ろには誰もいない。
一言目、何て話し掛けよう?どんな話題を振ろう?
俺の頭の中はグルグル状態台風(@_@)


そんな時、



「こちらのレジにどうぞ」



野郎が俺を別のレジに導く(>_<)





何だよ、空気読めよ(>_<)(>_<)




いや、まさか空気読んでくれて別のレジに呼び寄せてくれたのか?
自分では気が付かなかっただけで、見た目超緊張していておかしくなっていたのか?

この店舗のレジは前後に設置されているタイプ。
俺は前側のレジに呼ばれた為、必然的に彼女の立つレジの前を通ることに。

話し掛けることは出来なかったが、せめてもの軽く目線を送り会釈する俺。




完全無視(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)



悲しいなぁ(>_<)

二十歳そこそこの女性。
倍以上の年齢の俺が話し掛けない方が良いと言う神の判断なのかも知れない。

捕まりたくないしねー

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ続きを読む
posted by nagaoka at 23:19 | Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ