2018年12月09日

みんなのレオ・レオーニ展

181209ll.jpg

新潟県立万代島美術館にて開催中のみんなのレオ・レオーニ展。

開催期間前に懸賞で招待券を頂いていたいたのだが、開催期間が長いと余裕こいていたら、あっという間に残り1週間。
雪舞う寒い天気の中、頑張って行ってきました。

レオ・レオーニと言えば余り詳しい事は知らないのですが、展示会のポスターの可愛さ、そして有名なスイミーに釣られて懸賞に応募したのは過言ではない。

ハードロック・メタルファンとしてはレオ・レオーニと言えば、スイスの英雄GOTTHARDのレオ・レオーニ。
今年はコア・レオーニとして、アルバムリリースしたのは記憶に新しいだろう。

勿論、そちらのレオ・レオーニと間違えている訳ではない。
そこまで俺も非常識ではない。

まぁ、同じ事をネタで言っているハードロックファンは結構いるのだろうね。
メタルファン、うざいって思われていないと良いのですが。


そんな訳でレオ・レオーニ展。

今日はNGT48等の握手会もなく、スムーズに駐車。
冷静に考えると、握手会だけであんなに混乱するのだから凄いもんだ。

もう会期終了間近なせいか、意外と混み合う会場内。
絵本の原画がおおいせいか、子連れの奥様が目立つのが良い感じ。

原画展なので絵本を読まないと内容が分からず。
原画から勝手に内容を妄想して楽しんだり。

冬眠準備している風のネズミの絵本の原画。
仲間にハブられたネズミの話っぽくみえて、自分の重ねて少しばかり悲しむ。

実際は何だかんだ言い訳して冬眠準備の仕事をせす、言葉上手に誤魔化すネズミの話。
いや、実際はもっと良い話なのかもだけど。


レオ・レオーニと言えば展示会ポスターのような可愛い絵ばかりかと思ったら、意外と全然作風違う作品が多くて驚く。
可愛さとは真逆の暗い作品も意外と多い。

けど、根本には彼独自のポップさは見え隠れしている。

想像とは若干違ったけど、なかなか楽しいレオ・レオーニ展でした。

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ続きを読む
posted by nagaoka at 23:54 | Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ