2018年11月13日

中華デジタルアンプ

181113.jpg

大谷翔平さん、新人王ですって。

良かったですねー

スポーツニュースで流れた札幌大谷高校とごっちゃになって、大谷さんより嬉しいですね。


基本音楽は車で聴く事が多い私。
自宅で聴くにしても、スマホの悪い音でradicoを聴くパターンが殆ど。

その理由のひとつとして、自宅のシステムコンポの音が余り良くない事。
大音量で流す事も出来ないし、ショボい音を小音量で聴いても面白くないのですよ。


そんな事を思ってはや数年。

最近通っている治療院で流れてくるBGMに耳が行く。

レコードプレーヤーから流れてくるルパン三世のオープニングテーマ。
誰もが知っているであろう、大野雄二さんのあの曲。

曲が良いのは分かるのだが、音質が素晴らしい!
レコードだからって理由もあるが、その良さを引き出すシステムが素晴らしいに違いない!

そう思って治療院の先生に話を聴いてみる。

オーディオ好きな先生。
きっと高級アンプ使用しているのだろう。

と思いながら見せてもらうと、小さいアンプ。


??('_'?)


本当にこんな小さいアンプで、あんなにパワフルな音を出しているの?


そのアンプは中華製のデジタルアンプ。
LP-2024a+

オーディオファンにはとても有名なアンプ。

これ、アマゾンで3000円ちょっとで買えてしまう!
この音がそんな安価な値段で買えるなんて驚き!


そんな訳で早速俺もアマゾンで購入する訳です。

皆さんもトップページのアマゾンリンクから検索して買ってみよう!



値段の割りには結構高級感感じさせる見た目。

値段が値段なので入力数等の汎用性は低いけど、そこはセレクター使うとかすれば大した問題ではない。


そして肝心の音。

確かに納得の音の抜け!

昔使っていたデノンのシステムよりも全然良い音がする。 
音量絞っても、ちゃんと音の分離が出来ているのが良いですね。

車で聴くにはどうしてもロードノイズの影響があるし、これから自宅で純粋に音楽と向き合えるのが嬉しい。

より良い音を求め、また散財が始まるのである。
あくまで安価なシステムに拘りますが。

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ続きを読む
posted by nagaoka at 23:46 | Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ