2018年09月01日

ラ・トラットリア エストルトでディナー体験

180901.jpg

今夜は新潟駅からバスに乗ってディナーへ。

新潟駅からバスに乗るなんて、リムジンバスで新潟空港に向かうくらいしか乗る機会がない。
食事する為だけにバスに乗るなんて珍しいこと。

車で行く方が融通もきいて手軽だが、たまには公共交通機関を使って移動するのも良い事だ。
普段とは違った目線から見る風景も悪くない。
まるで旅のよう。

普段ではなかなか足が向かない場所に向かう。
だからこそ、少し特別感が欲しかった。
自家用車で行けば手軽に行けるけど、それでは面白くない。

って、バスなら面白いか?と問われれば何とも言えないけど。
女装したり、素っ裸で行くよりは常識的な特別感でしょ?



バス乗り場は新潟駅南口。
こんな事でもないと、なかなか駅南方面に行くことはない。

丁度良い機会って事で、プラーカに入ってるジュンク堂に行ってみる。

俺ね、プラーカって初めて入るの。
勿論、プラーカの存在は知っていたし、いつかは行こうと思っていた場所だけど、なかなか足を運ぶ機会がない。

プラーカと言っても今はジュンク堂くらいしか行く場所がないのだが。
何か、そこまで行かなくても戸田書店とか、EPLAZAの本屋で間に合ってしまってるからなー

で、ジュンク堂。

広いねー
今時、2フロア使った本屋なんてなかなかないよね。

雑誌とかは思ったよりも普通だけど、俺が読まないような専門書とかは豊富なのだろうな。
今度じっくり探ってみるさ。


で、今夜のディナー。

新潟市北区のタカギ農園さんのラ・トラットリア エストルトにてフルコースディナー!

うーん、口が回らない。
ちなみに店名がこれで合っているかは不明。

原信ナルス・キリン・キューピーの共同企画で行われたディナー体験に招待されたもの。
約10倍の当選確率を潜り抜け参加!

と言っても俺が当てたのではなく、家族の付き添いでしかないのですけどね。


ディナー体験の前に、トマトの収穫作業も行われました。

指導は社長の高橋さん。
タカギさんではないのに驚き。

今年は猛暑、雨乞いの後の雨天続きでトマトの出来は最悪みたい。

収穫体験を行っていると、確かに赤いトマトの数は少なく、緑のものばかり。
赤くなっていても痛んでいたり。
農業って大変な仕事なんだなと思い知らさせる。
虫に刺されてかゆかゆー


体験の後はシェフ高橋さんによる料理デモストレーション。

トマトを育て、自らで調理もするなんて凄いな。


と思ったら、シェフは社長さんの息子さんでした。

目の前で作る野菜パスタ。
ニンニクに臭いが香ばしくてヨダレがでそうになる。


そしていよいよディナータイム!

キリンさんが共同企画していることもあり、ビールほぼ飲み放題!


って、俺飲めない(>_<)


しかしながら、そこは太っ腹企画!
レストランのドリンク飲み放題!

名物のトマトジュースやらスイカジュースやら沢山頂きました!


ディナーメニューは野菜だけでく、魚や肉やら豊富!

大食漢の俺でも満足出来る量も嬉しい限り。

多くのディナーは量より質で、絶対足りないと思っていた。
けど、結果的には満腹で大満足!

特にカボチャのピザ。
俺、カボチャの甘さが大嫌いなのだけど、それが気にならないで美味しく頂けた。
新鮮な野菜、野菜の美味しさを生かした料理方法に感動!

窓の外から見える田舎の田んぼの風景。
そこを走る青い電車が清々しさを感じさせる。

そんな風景を見ながらの贅沢なフルコースのディナーメニュー。
とても良い体験をさせて頂きました。

帰りにはキューピーさん、キリンさん、タカギ農園さんから沢山のお土産も頂き、我が家の食費が助かりますです。

ブログランキング参加中です。アイコンクリック頂けるとやる気に繋がります。 人気ブログランキングへ続きを読む
posted by nagaoka at 23:27 | Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ